Menu
トップページ » 更新記事 » 自分のバイナリーオプションの口座が凍結される?

自分のバイナリーオプションの口座が凍結される?

近頃、トレーダーの間で「口座凍結ラッシュ」という現象が話題になっています。信じられないことに、ある日突然自分の使っていた取引口座が業者によって封鎖されてしまうのです。

特に有名なのがGMOクリック証券の口座凍結事件です。GMOクリック証券のバイナリーオプション取引で1000万円以上の利益を上げていたトレーダーの取引口座が、「利用規約違反」という理由で凍結されてしまいました。具体的に何が利用規約に抵触したのかいまだに不明であり、多くのトレーダーがGMOクリック証券に対して不信感を抱きました。

取引口座が凍結されてしまったら、トレードによる収益が完全に絶たれてしまいます。バイナリーオプションで生計を立てている方にとってはまさに死活問題であり、決して軽視できません。

取引口座凍結の原因は?


何の落ち度もないユーザーの取引口座がいきなり封鎖されることは現実的に考えてありえません。果たして、バイナリーオプション業者は何を基準にトレーダーの口座を監視しているのでしょうか。ネット上の口コミを参考に考えられる原因をまとめてみました。

・業者が定める利用規約に背いている
・業者が禁止している自動売買ツールを使用したトレード行っている
・利益額が常軌を逸している
・取引する時間帯が不自然である

ちなみに、GMOクリック証券で口座を凍結されたトレーダーの場合、1日に約150回、1ヶ月間で約4400回という膨大な数の取引を行っていました。明らかに一般的なトレード手法を逸脱しているため、不正取引と判断されてしまった可能性があります。

業者によっては自動取引ツールが許可されている場合もあります。また、為替レートの変動に合わせて細かく利益確定を繰り返していく「スキャルピング取引」というトレード手法も、必ずしも利用規約違反になるわけではありません。

しかし、サーバーに極度の負担をかけてしまうため、あまり推奨できるテクニックではないことは事実です。業者に目をつけられたくなかったら、自分のトレード手法には十分に気をつけましょう。事前に利用規約に目を通しておいた方がいいでしょう。

海外のバイナリーオプション業者でも口座凍結はあるのか?


国内大手のGMOクリック証券に限らず、海外のバイナリーオプション業者でも口座が凍結されるケースはいくつか報告されています。それらの原因には、やはり自動取引ツールの使用や異常なトレード回数など利用規約違反が絡んでいるようです。海外の業者だから日本人トレーダーに親切にしてくれるだろうと思うのは大きな間違いです。

いずれにせよ、よほどのことが無ければ取引口座の凍結はありえません。必要以上にビクビクすることはありませんが、最低限業者が公開している利用規約だけはしっかり厳守しましょう。もしも業者から警告のメールなどが送られて来たら、素直に指示に従った方が無難です。
ハイローオーストラリア(HighLow Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細
転載・複製は厳禁です
Copyright 2021 www.xn--fx-4g4a3b5iwdvd.com All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細